« 「DX」パワー | トップページ

2017年12月 7日 (木)

「TMAX530DX」その走り

Img_6033


 530ccというスクーターにしては

 大排気量のエンジンを積み

 前後サスペンション・エンジンマウント等も

 フツーの「バイク」に準じた造りとなっていて

 「オートマチック・スーパースポーツ」

 と言われるこのTMAX。


 いったいどんな乗り味なのか?

 とても興味がありました。


 購入してから一ヵ月チョイ

 高速・街中・峠と

 一通りは走りましたかね。


 で、やはり

 一番印象的なのは

 そのコーナーリングです。


 もっとズッシリしているかと思っていましたが

 想像以上の軽やかさでした。


 文字通り

 ヒラリヒラリと言った感じで

 S字コーナーなんか

 スパッと切り返し出来ますね。


 こんなに曲がるのかと

 この図体からは想像できませんでしたよ。


 重心の低さとか

 ホイール径なんかも関係してるんですかね。


 逆に私なんか

 軽やか過ぎてちょっとコワイくらいです。


 まあこれも慣れでしょうか。


Img_6029


 倒立フォークに

 ダブルディスク&ラジアルマウントキャリパー

 スクーターらしからぬ装備です。


 「ブレーキ効くからね~」

 と、納車時バイク屋に言われましたが

 ホントに効きました。


 新車の時って

 だいたいアタリが付くまで

 ちょっと甘いモンですが

 コイツはいきなりガツンと効いて

 ビビリました。


Img_6032


 「TMAX」は並列2気筒エンジンです。


 同じ並列2気筒エンジンを積んだ

 「Ninja400R」に以前乗っていましたが

 同じ並列ツインでもかなりフィーリングが違います。


 「Ninja」のエンジンはドコドコっとした

 鼓動のようなモノを感じましたが

 「TMAX」はいたって滑らかです。


 全然ツインっぽくありません。


 まあ、この辺はセッティングというか

 味付けの問題なんでしょうかね。


 エンジンと言えば

 ちょっと心配というか

 気になっていたのが

 「エンブレ」です。


 変速ナシのバイクって

 どの程度「エンブレ」が効くのだろうかと。


 街中とか平坦な道では

 全然問題無い効き具合です。


 しかし、ちょっとアセったが峠の下り

 コーナー進入の時でした。


 ギア付きバイクだと

 坂の勾配に合わせてシフトダウン

 「エンブレ」を一段強くする

 なんてことが可能ですが

 無段変速オートマではそれが出来ません。


 一定の強さの「エンブレ」しか効かないので

 下りコーナーの進入では

 しっかり「ブレーキ」を使って減速しないと

 オーバースピードで突っ込んでしまいます。


 最初この感覚が分からず

 ちょっとヒヤリとしましたね。


 「スクーター」には

 「スクーター」の走り方があるようです。


 とまあ、初めての「スクーター」ということもあって

 「TMAX」の走りは色々と新鮮でした。


 「オートマチック・スーパースポーツ」

 と言っても

 もちろんリッタークラスの

 モノホンの「スーパースポーツ」には

 動力性能的に太刀打ちはできません。


 しかし、バイクの楽しみの一つである

 「コーナーリング」

 これに関しては充分

 「スーパースポーツ」だと思います!


 この「車体」で

 この「コーナーリング」をするのかと

 かなり違和感を感じたくらいですから…


 でも、私としては

 「快適ツーリング性能&装備」

 こっちの方が気に入ってたりします。(笑

« 「DX」パワー | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499420/72403274

この記事へのトラックバック一覧です: 「TMAX530DX」その走り:

« 「DX」パワー | トップページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ